読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンモノの流れ星のように

妄想やどうでもいいことをたらたら書いてます☆ バーター怪盗RYUSEIに心も奪われたマイペース人間。

流星くん、アイドルになってくれてありがとう


ついに11月になりまして、やっとMORSEが始まる〜!ってこの頃に私はなぜか、




なんで流星くんをもっと早く応援しなかったのか


と。













私は、関西Jr.の向井康二くんの目当てで見ていた少クラで初めて藤井流星くんを見ました。


初めて見た時はなんだか苦手な顔だな〜って笑


妙に大人びててあんまり笑わなくて気難しい顔をしてるから(失礼)笑


それからずーっと康二くんしか見ていなくて、7WESTとかいうグループで活動してる、くらいの認知しかありませんでした。


でも2013年のin大阪で、Sing for youを歌ってるのを見て、あ、こんな顔するんだ…って呆気にとられて。変な草みたいな衣装きてるけど普通にいいかもって思い始めたのがきっかけで、前よりは目に入るようになりました。


しかし私は最強の飽き性人間なので流星くんの出てるドラマは録画するけど、見るの面倒臭いな〜が恒例なので一瞬も見ずに消してましたね(だったら録画する意味ないね)


そしていつからか姉が神山くんのファンになり、執拗に姉が7WESTの映像を見せてくるのです。


当時私が康二くんのためにとっておいた番組や少クラ、バックについていた時の映像など。あの時ほど姉に感謝されたことはないです笑


いつも康二くんばかり見ていたもので、違う視点で見るとまた面白さも格好良さも全然違いました。こんなに歌えて踊れたのか…!!


いつものように姉と7WESTやらばど、べてらんを見ていた時に、ふと姉がこう私に言いました。


姉:この中で誰が1番すき?


私:(すまんがこの中にタイプはいない…)


う〜ん、ね、誰かな〜?(ごまかし)


姉:そういえば、いつも少しバカな人好きだよね?


私:ば、ばか…?(…そうかもしれない)


姉:そしたらこの人なんてどう?



と、指さされた人が流星くんでした。


きた!この人!なにこの人こんなイカツイ顔しといてバカなの?そんなことあるの??


それから流星くんを中心に見てみると、あれ〜もしかしてこれは本当のばか?(失礼)


康二くんつながりで、平野紫耀くんのことを少し応援していたときがあったのですが、紫耀くんの天然は藤井流星を超える、と、雑誌に書いてあったのをその時思い出して、


いや、これは紫耀くんよりかは天然の威力はないけど、常識をまだわきまえてる天然だと思い、何この人好きかも!って!


この時から流星くんに対する目は明らかに前よりは変わっていたのですが、ここでまた新たな問題が。


え〜〜先程からお気づきの方もいらっしゃると思いますが、向井康二くんが好き♡平野紫耀もゆるく応援してる♡の前に、まず、その時の私の担当は誰なんだと。


そういえば言っていませんでした、私の前の担当はSexy Zone佐藤勝利くんです。


いや、天然やないやないか!


たしかに。そうかもしれないですね笑


でも、たまにぽけーっとしてたり、間違っこと言ったらえへへって可愛く笑ってごまかしたり、そこが私にはすごくツボで長い間担当制度を放棄していた私にちゃんとした担当にしたいと思わせてくれたのは勝利くんが久しぶりだったな。


勝利くん担当から流星くん担当になるまでまだまだ色んなことがありました。


まずは気になっていた流星くんが、かつて同じグループだった重岡くんと小瀧くんとデビューできないとなったこと。


もちろん私もあの、今でも忘れることの出来ないカウコンをいつもどーり姉と母と3人で見ていました。


あの時ほど私は皆無感というか、へ?なにが起こったの?こいつらは何を言っているんだ?と。


大好きだった勝利くんもその時はなぜか目に入らなくて、ただただ番組が終わるのを待っていたって感じです、


Twitterをのぞいてみたら、デビュー発表されたときに、その場で泣き崩れる人もいたし、どうして神山くんは入ってないの?とか混乱していた人もいたって聞いて、そりゃそうだなって。今これ書いてても鳥肌たちますね。


そして、あの涙の日生劇場でのなにわ侍ハロー東京。あの初日で正式に7人でデビューすることになって、めったに泣かない私もさすがにうるっときましたね。日生劇場の前に飾ってある看板、公演前は4人だけの看板だったのに、公演後には7人の看板になっていたとか、このエピソード、本当に今でも忘れられないし、大好きです。


f:id:super_mmmstar:20151105210901j:plain


そんな感動しときながら、まだわたしの勝利くん担当は続きます。さすがに長いですね笑


ここで、Sexy Zone3人構成がNEWSで報じられます。


あれは初日のことなのかな?あまり覚えてないけれど、3人でこれから主に活動していくと聞いて、あのWESTのカウコン並にショックで。


私は勝利くん担当だったからまだいいかもしれないけれど、聡くんとマリウスくん担当の方は本当に辛かったと思います。


ちょうどその時は多分流星くんのアゲインのドラマで私もうきうきしていたのに、見事に感情が負のオーラに。


その3人構成を発表する前からSexy 松やらSexy Boyzって意味わからないグループできて。


その時丁度、仲良くしてた友達に同じ勝利くん好きな子がいてたまたまその代々木のイベントに参加することにしました。


そしてその時にやっと決めたのです。


このイベントが終わったら担降りしよう。


今まで沢山聡マリを端に置いといてこれは一体どういう仕打ちなんだって。もうこのグループにはついていけないって思ったんです。


そしてイベント当日。


3人だって感じさせないくらいお客さんを楽しませるぞ!っていう気が伝わってきた。


いや、伝わってきてしまった。


むしろ私は、なんか足りない!全然イベントとして成り立ってないじゃん!っていうイベントを心のどこかで望んでいたと思う。


そうしたら聡マリの存在意義がきちんとあるから。


でも悔しながら、成り立ってた。充分楽しかったし、さすがの対応だった。


これで本当に私は、あぁ、3人になるんだなぁと確信しました。


イベントが終わったあと、私は姉にLINEしました。


セクゾのイベント終わった〜流星くんに担降りできるかなぁ〜



そしたらすぐに既読がついて姉が、


担降りなんてあなたにとっては年間行事でしょ。さっさとこっちきな。


…そうでした!!!!



私にとって担降りなど年間行事だった…そっちいきます…



そして軽々(?)私の担降りは決まりました。



でもね!でも!



流星くん好きになってから担降りは年間行事ではなくなったし、流星くんの他にあなたも好き♡みたいなのないよ!!



長くなってしまったけれど!


あの悪夢のカウコンデビュー発表から日生までの間、流星くんは決してデビューを諦めなかった。


10000字で読んで、それがすべてではないけれど、積極的にデビューのために動く姿がいつもの流星くんだったら想像できないけど10000字読んだら想像できた。


4+3になっても構わないって。デビューできてみんなと一緒にいれるならいいって言ってくれた。


そこで、今まで流星くんの思ってることが表に出てこないことが多かったけど、流星くんはこういうふうに思ってたんだって、やっと知ることが出来た。


そのアイドルでのあきらめない姿勢にまた惚れ直した。


きっと自分がもっと早く 流星くんに出会ってたら、なんて思うけどきっとそうなってても、何この人〜って絶対なってたと思う笑


きっともっと担当じゃないけど気になるけどう〜ん。みたいな時期が長かっただけで。結局あのセクゾの代々木イベントがなかったら流星くんに担降りする勇気もなかった。


今となっては感謝してるっていうか、その私にとって大切な機会をつくってくれて感謝してる。


そしてなりより!



流星くんがオーディションの日に雨でサッカー試合が中止になったおかげで流星くんがアイドルになってる!


同じグループの仲間が辞めていっても、仕事が来なくてもアイドル辞めなかったから流星くんを応援できてる!


あの時流星くんが必死にデビューを諦めなかったから、今でも流星くんは輝いてるステージで歌える。



すべてがすべて、奇跡。



かっこよくいえば運命。



この広い世界で流星くんていうちょーかっこいいアイドルに出会えて私は最高に幸せ者!!!!!





流星くんがいたから、最強に不幸せなことも最高に幸せなことも経験してきたけどどれもがどれもそれは流星くんがいたからです。




流星くん、アイドルになってくれてありがとう



ほろにがい青春に、またとないハッピーを!!!!!!!