ホンモノの流れ星のように

妄想やどうでもいいことをたらたら書いてます☆ バーター怪盗RYUSEIに心も奪われたマイペース人間。

近所のWESTさん妄想

おたくは誰しもたまたま出会ったらとか、こんな人近くにいたらなぁと妄想したことはありませんか。




この妄想はわたしの独断と偏見で勝手にWESTのメンバーを近所の人に位置づけていくのでお時間ありましたらたらたらとお読みください。










中間淳太くん

近所のボンボン兄ちゃん。いつもなにかしらブランド品身につけていて、近くを通っただけですごいいいにおいする。
でもたまに言動がおかしい。この間は、携帯に向かって「なんやねんおまえ!次フリーズしたらシバくぞ!」とガン飛ばしながら言っていた。
たまに連れてくる友達も中間さんの友達とは思えない感じのふつーのひと。ジャージ着てるし、なによりいつも大人な中間さんが取り乱している姿を見るのが新鮮。
そんな中間さんは毎朝会うと「おはよう」って声かけてくれるし、夜に会うと「夜遊びしてんの?若いってええなぁ〜、俺も今度連れてってや」って冗談っぽく笑うから「中間さんはわたしより色んなこと知ってますよね」って言ったら「まぁ君よりはな?教えてあげてもええけど?」意地悪な顔して、ん?って女の子の顔のぞき込むから軽率に惚れちゃうんです。





小瀧望くん

幼馴染みのこたきくんは食の趣味が合う食べ歩き仲間。朝一番の会話はまず食べ物の話からはじまる。
「なぁ!駅前のメロンパン食べたん!?なんで俺誘ってくれへんの〜」「友達が行きたいって言ってたから、ごめんね」「んも〜じゃあじゃあ!今度駅ビルにできるアイスクリーム屋な!俺と!」「はいはい笑」学校も一緒で家も近くなこたきくん。じつは学校でモテモテなのも知ってるけどなんとなく一緒にいる。「ほんとよく食べるね」「男子高校生やぞ!あたりまえやろ!」「毎回わたしとでいいの?」「…なんでやねん、おまえと食べたいから約束するだけやろ?ただそれだけ」
成長がはやくて、背もすごく大きくて身体もがっしりして、なのに照れるときに鼻をこするクセとかぷいって目をそらすのは変わってなくてキュッと胸がしめつけられる。これは懐かしさからなのか、それとも、?
「今のうちに俺捕まえとかんとこの先どうなるかわからへんで?」





神山智洋くん

宅配のバイトをしている近所で有名なイケメン。抜け目なく仕事をこなし、綺麗な顔立ちでマダムを虜にする。猫みたいに懐くには時間はかかるが、その分マダムの宅配の使用が増えるので別に気にしていない。
たまに出るモテセリフがまた人気の秘密。
「おばさんが通販でこんなに化粧品買ったら無駄に頑張ってるって思われるかしら?」
「じゅうぶん綺麗やと思うけど、旦那さんはそう言わへんの?俺やったらこんな綺麗な奥さん、自慢したくてたまらんわ」
こういうセリフでおちる。だいたいおちる。
プライベートの目撃情報も出ていて、甥っ子と思われる小さい男の子と一緒に歩いているのを発見されている。すごい優しい顔してデレデレだったらしい。マダム情報。





◎濱田崇裕くん

優しくてモテモテの近所のお兄ちゃん(27)。
このへんに住んでる女の子の初恋はだいたい濱田くん。
そしてラブレター渡されがち。でも文字に弱いから内容をあんまり理解出来ていない。そう、ばかなのである。
「濱田くんモテモテだよね、わたしのときも優しくしてくれたし」
「なーに言うとんねん、俺もうおっちゃんやで?モテへんし(笑)」
言わすなや、もう!って困り顔で笑うの反則だ〜?
「わたしは?彼女にどう?」
冗談っぽくきいてみたら、
「っえ!?…いや、、あかん!俺手出したら犯罪やろ!?(笑)こんな若い子に!」
「そんなの関係ないでしょ?」
「やめろや〜〜〜おっちゃん期待してまうやろが〜〜〜も〜いつそんなこと覚えてん…」
「濱田くんにおしえてもらった!」
「うそや!(笑)てかいつから濱田くんになってん!前は濱ちゃんやったのに!素直に寂しいやろがい!(笑)」
って結局濱田くんが笑わせてくれるから人気者でもがまんがまん。
でも、左手の薬指に指輪のあとが残ってるけどそれはなんなんだ???
ん??彼女?婚約者??濱田くん?????





桐山照史くん

近所に住んでる濱田くんの親友。今はスーパーでアルバイトをしている。とにかく話がうまく、桐山くんが入ってから売り上げが5割増だとか。
「おっ!濱ちゃんの妹ちゃんやないか!うちのたかひろがお世話なってます〜!」
「いや妹じゃないです笑」
「濱ちゃんは妹みたいや言っとったで?」
「…(ショックを受ける)」
「うそやん!も〜本気にせんといて!(笑)」
濱田くんの情報をくれるのは嬉しいけどたまに自然な嘘ついてくるから要注意。
ちなみに桐山くんはもう結婚してお嫁さんがいるそう。
「うちの嫁さんがな、照史のパンツとわたしの服一緒に洗わんといてー!、言うんやけどひどない??ナチュラルに傷付くんやけど〜(TT)」
よくしゃべる。そして店長さんに軽く叱られる。これがいつものパターン。
「そーいやこないだ濱ちゃん、ジムで美女見つけて鼻の下のびてたで〜wwwwげへへwwwwwww」
その話詳しく聞きたいけどあなたの後ろにいる店長さんに睨まれてますよ。





重岡大毅くん

近くの病院の薬剤師。とにかく男女問わず人気である。
具合が悪い人には
「風邪っすか?今回薬多めに出てるんでなにかあったらすぐ俺にいってくださいね、元気ないの奥さんっぽくないですよ」
って頼もしいからすぐ好きになる。(マダム)
クーラーが聞いている薬局内でも白衣の腕まくりは必須。薬を袋に入れる時も「おいしょっ!」と必ず
声が ついてくる。
街中で会ったときは普通に話しかけてくれるし、なんなら「もう元気そうですやん!俺めっちゃ心配したんやけど〜〜!」って笑ってくれるから元気になれる。自然のくすり。
そしてたまに飴ちゃんくれる。くれたその日はラッキーデーという噂もある。
でもみんながなにより好きなのは、重岡さんのあの顔から発せられる「お大事にぃ!!!」なのだ。





藤井流星くん

この地域のマンションやアパートの電気屋さん。月に一度、マンションやアパートを回って各家庭の火災報知器を点検してくれる。
この作業は藤井くんが直接家の中へ入るので、点検日の前日は近所のスーパーからファブリーズが消える。ちなみに一番最初に売り切れるのがレノアハピネスの香り。
ただの数分の作業だが、されども数分。あのイケメンの藤井くんが我が家に来るのだ。メイクも服装も整えて待つ女性がほとんど。
「失礼しまーす、火災報知器の点検に参りました藤井と言います、あのーお宅にあがらせていただいてもよろしいでしょうか」
「どうぞ〜〜」
「おじゃまします」
「(家の中を歩いてる)…ん?」
「!?(臭かった!?)」
「なんかええ匂いする…」
「(目を閉じてる藤井くんがかっこいい)」
「この家、いい匂いしますねぇ、おれこの香り好きかも」
この日からレノアハピネスは点検日の前日いがいも近所のスーパーから消えたのであった…。
















さぁあなたは近所の誰が好み!?




f:id:super_mmmstar:20160510160338j:plain




わたしはこの3人!